LOVELY FOOD JACKET

  • Date : 2021年02月02日 23:30
  • Categories : NEWS
  • Author : FABU

お待たせ致しました!!!全サイズ入荷致しました。

このジャケットは、1人の信頼できる職人の手によって1枚1枚丁寧にこだわって作っています。
お時間かかっておりますが、見ていただいたら納得してもらえる物に仕上がってますので、
楽しみにしていて下さい。

説明だけ先にさせていただきます!

今回は、フード付きジャケットを作りたいと思い作り始めました。なぜ?フード付きなのか?
答えは、単車で出かけて停まってる時や、コロナで室内でいるより外にいる時が増えたから。
単純にフードをかぶったら寒くないっていう理由です。けどメッチャ大事ですよここ!!!

では形から!

形は軍物をソースに作りました。
どうしてもフード付きナイロンジャケットってなったらマウンテンパーカーぽくなるでしょ。
今回はアウトドアっぽくなるのを極力避けたんです。
着丈、身幅、袖丈、どれもかなり煮詰めましたよ。
単車に乗った時に長くなり過ぎない着丈。
長かったら、裾がめくれて風が入ってくるでしょ。
袖丈は長めにしています。ハンドルを持った時でも短くならないように。
全体的に適度な野暮ったさを残し、動きやすいシルエットを細かくバランスを取りながら
チェックしていきました。
そして、自分の肩で綺麗にラインの出るラグランにしています。

フードの形にも拘りました!!!
ここは、実際に手にとって見てもらえたら嬉しいです。
あえてギミックを書くなら、フードの後ろにフードを絞れるように調整コードを付けています。
これにより、単車で走っている時にフードに風が入り、引っ張られるのを軽減出来ます。
それと、フードのコードを引っ張ると素敵な工夫をしています。
こちらのギミックは実物を見てみてください!!!

袖口はグローブを付ける時に邪魔にならないよう
コーチジャケットのようにゴムで絞るようにしました。
これがマジでいい感じです。

大きいフロントジッパーがズラシテついているのがこのジャケット最大のアクセントになります。
中当ても大きめにつけているので、風の侵入を防げます。
フロントジッパーをずらしたのには訳があります。
見た目の良さはもちろんですが、フードをかぶった時にジッパーが首に当たりにくいようにしています。
冷たいし、ヒゲや皮膚挟んだら痛いでしょ。

裾とフードの所に、風の侵入を防ぐ為に絞れるようにしています。
逆に、脇にはベンチレーションを付けました。
冬でも汗をかきやすい場所ですので、少しでも換気出来るように!
寒い時は汗かいてそれが冷えるのが1番寒い。
絞る紐はリフレクターにもなっています。

フロントポケットは、中の物を落とさないよう、ジッパーを両方つけています。
内ポケットも1つ付けました。そしてっ!!!後ろに大きいポケット(ジッパー付)を付けました。
これにより、バック忘れてもまぁまぁな物持って帰れますよ!!!

生地は、高強度ナチュラルフィールナイロン短繊維ファブリックを使用しました。
生地の質感がナイロンなのにすごく良いんです。
そして強度も強く、綿より軽量、防水、防風にも適しているんです。
この生地が無かったら、このジャケットは完成しなかったと思います。

裏生地は、アニマル柄を使用しました。
膨大な量のアニマル柄の生地はありますが、良いやつはほとんどありません。
これはかっこいいやつです(^^)

袖の中はキルティングを入れ、保温性と着易さを重視しました。

シンプルに作るのが1番難しいですね。
このジャケットは、自分の中で引き算の多いジャケットだったんではないかと思います。
真冬から春まで着れるので今からの季節いいですよ!
他にも細かい所のコダワリ満載ですので、1度手にとって見てもらえたら幸いです。

いろいろ書いていますが、結局のところ「なんかこればっかり着てまうねんなぁ」
と言ってもらえたら最高です。

Color:BLACK
SIZE:M・L・XL
Price:39,800+tax

20210202_IMG_6060
20210202_IMG_6072
20210202_IMG_6016
20210202_IMG_6038
20210202_IMG_6129
20210202_IMG_6119

  • BLOG ARCHIVES

  • RECENT ENTRIES


  • Top